自分なりの線引

ついに投資すると時という局面では、第一に事前対策を手抜きしてはいけません。

 

取引を行う前であるとすればその物を理性的に見ることが可能です。

 

だけれども、売買の内側へ立ち入ってしまうとどうあがいても見解が自分勝手なものになりがちで、時にはしっかりとした状況判断ができなくなるリスクを負います。

 

それゆえに自身の考え方が落ち着いている状況で適切に準備が不可欠です。

 

この"j事前準備"のためには、最初は自分なりの筋書きを作成する事から行います。

 

これからの市場はこうなってああなるからユーロを勝負するというように、あなたなりのストーリー展開を考えていきます。

 

次に大切なのは日足チャートをチェックする事です。

 

今までの為替レートの推移を調べて現時点での値段をチェックします。

 

そうしたら、「今日は過度に偏ったレベルになっているな」もしくは「すでに大方の売買しているから、今さら自分が取引しても今はもう手遅れだな」ということが見えてくる。

 

今はもうエントリーするのが間に合わないなと考えたらエントリーしないで、そこはきっぱりと割り切ることが大切です。

 

無理に自らのストーリー展開を妥協しないで、割り切らずに新しく注文すると市場にやられて、むしろ為替差損を受けることになる危険性があります。

 

そうは言っても多くの状況で、準備が出来ている台本を考えておけば売り(または買い)が間に合わないなという場面にはなりません。

 

たぶん、リアルに相場が変化する前のはずだから。

 

次に、当面は売買しようとする通貨ペアの変化を、正確に調べる事が大切です。

 

ドル高に向うであろうというストーリー展開を記したのであれば、その外貨の上下動に注目する事が大事です。

 

為替相場の変化を注意を払い始めた場面では、まだまだドルは目立って推移する兆しを見せず、上や下に多少の変動をしているだけでしょう。

 

ところが、その推移を確認しているとある状況で少しずつドル高の方向へとマーケットが変化し始めます。

 

ここで初めて、ドルの新規注文を出すのだ。

 

通常は、そこまで周到に準備をやっておけばその売買で儲ける確率は結構大きくなるはずです。